vdi環境を自分なりに考えてみる

デスクトップ仮想化はシステムの管理効率を向上させる方法として、近年大きな注目を集めています。vdi環境においては、個々の端末はサーバー上にある仮想デスクトップを映すだけで、情報の処理や保存はすべてサーバー側で行なわれます。この方式ではクライアントPCにデータを保管する必要がないため、機器の故障によるデータの紛失や、盗難による情報流出などのセキュリティリスクが軽減できます。また多数の端末から同時進行的に更新が行なえるため、データの同期を取ることも容易になります。ソフトウェアの修正やバージョンアップがあったときも、一台一台のPCごとに対応しなくて済みます。このように管理が容易になることは、ソフト面でもハード面でもコストダウンに繋がると考えられます。

どんなデバイスでも使える利点を活かす

どこからでも、どんなデバイスでも使えることは、仮想デスクトップの強みのひとつです。クライアントPCに比べて性能の劣るタブレットやスマートフォンでも、サーバー上の映像さえ映すことができれば、PCと変わらない仕事をすることができます。ただし操作感覚は多少異なりますが、今では使いやすい製品が次々に開発されています。もちろん外出先や自宅からでも最新のデータにアクセスし、通常どおりに更新することが可能です。こうしたvdi環境のメリットを最大限に活かすには、働き方との整合性を考えることが大切です。業務の進め方は従来のままで、ただオフィスのパソコンを仮想デスクトップに置き換えただけでは、セキュリティ上の利点があるとは言え、資源の無駄遣いになる可能性があります。

ネットワークのセキュリティには要注意

たとえばvdi環境が整って在宅勤務が可能になれば、ワークライフバランスを向上させることができます。好きなときに作業できることは、従業員の待遇改善と同時に仕事の能率アップにも繋がります。オフィスのPCを頻繁に入れ替える必要がなく、遊んでいるモバイル機器を有効活用できることも、仮想デスクトップのメリットと言えます。他方、デスクトップを仮想化するデメリットとしては、ネットワークが動かなければ何もできなくなることが挙げられます。万が一災害や故障でトラブルが発生したり、サーバ側からデータが漏洩したりすると、甚大な被害を受ける恐れがあります。サービスを提供している各社とも、セキュリティには万全の注意を払っていますが、信頼性に関しては十分に検討することが重要です。

業界唯一のVMに最適化されたストレージです。 チューニングレスで常に安定したパフォーマンスを発揮します。 オフィス入り口から皇居のお堀が見えます。 日本法人オフィスは丸の内の二重橋前にあります。 仮想環境のワークロードを自動最適化するストレージ。 Tintri Vmsore T820の参考価格1,480万円です。 その他大阪や名古屋にも支店があり、全国をカバーしています。 vdi環境の導入をお考えの方は【Tintri(ティントリ)】にご相談ください