vdi環境に適した業者を考えてみる

vdi環境を整備する企業が増えていて、そもそもvdiとは何かというとVirtual Desktop Infrastructureの略で、日本語にするとデスクトップ仮想化になります。これが何かというと、今は作業を行うにあたってパソコンを使うのが当たり前になっていますが、ひとつのデスクトップだけでは効率が悪くなり、アクセスをしやすくすることが求められるはずです。またクライアントPCは定期的にリプレースしなければいけなく、これまではハードウェアをすべて入れ替えなければいけませんでした。これは時間もかかりかなり面倒なもので、近年はクライアントPCを導入するのではなく、VDIを導入する企業が増えてきて、これからさらに高まることが予想されているのです。

これまでのデメリットをメリットに変える方法

vdi環境を整えるメリットとして、従来型のクライアントPCはユーザーにとっては自由度や利便性が非常に高いですが、企業にとってはいくつもの問題点がありました。例えば故障した場合、バックアップをしておかないと大ダメージを受けてしまい、現在進行している業務に支障を出してしまいます。さらにデータ消失によって多大な損失が生まれてしまう可能性もあるはずです。さらにセキュリティ面の不安、単独でパソコンを使用されているとその人物に何かあった時に業務が滞ってしまうなど、リスク面が大きかったのですが、他に方法がありませんでした。ただVIDという方法が生まれて、広く知られて導入されるようになり、これまでのデメリットがなくなりメリットが大きいと知られて、利用者が増えてきています。

メリットを知って活用することが大切です

これまでのデメリットをメリットに変えるvdi環境の整備ですが、簡単に理屈を説明すると一つのクライアントPCを皆で共有するというイメージを持てばよく、アクセス権限を与えられた人間は誰でも接続が可能となるところが魅力になっています。これによって何時でも何処からでもネットワークを通じてデスクトップ環境を利用できるので、作業性の効率があがり、仕事内容にとっては会社に行かず在宅でも仕事ができるようになります。ただポイントとしては安全性が重要視されて、共有するからにはセキュリティがしっかりとしていることが重要です。そのため信頼できる業者を選ぶ必要が出てきますし、システム導入に適している企業であるかを知らなければいけません。しっかりと確認してから行う、これが大切です。