vdi環境をしてみてどうなるのか

vdi環境を導入することで得られるメリットとしては、システム管理や情報管理を適切に行えるということがあります。vdiではネットワーク上に存在するvdiサーバーが提供するデスクトップ環境を、ネットワークを通じてパソコンや端末などの画面に呼び出すというもので、そのサーバーが提供するデスクトップ環境にあるソフトウェアを使って仕事をするというものです。ソフトウェアやデータはサーバーで一括管理されているため、メンテナンスがし易いといったメリットがありますし、またネットワークを通じてサーバーにさえ接続することができれば、異なるパソコンや端末でもそのデスクトップ環境を呼び出せます。このため在宅勤務や出張や異動でも同じ環境で作業を行うことが可能になります。

vdi環境とはなにか。そのメリット

vdiとは「Virtual Desktop Infrastructure」の略で日本語では仮想デスクトップインフラとも訳されます一般的にパソコンなどで個々のソフトウェアを呼び出すための環境がデスクトップと呼ばれるものであり、それらを通じてインストールされているソフトウェアを呼び出し、何らかの作業を行うことになります。本来のデスクトップはそれぞれのパソコンが持つ独自のものでしたが、vidではそれらのデスクトップ環境を、ネットワークを通じてサーバー上のマシンで提供するというものになります。これによって実際に作業するパソコンは画面を表示させるだけで、個々にソフトウェアをインストールする手間が不要なりますし、またデータもサーバーに保存されるといったメリットがあります。

導入することによって得られるメリットまたはデメリット

vdi環境を導入する理由はさまざまですが、ひとつは保守管理を容易にするといったことが挙げられます。個々のパソコンで独立したデスクトップ環境を提供している場合には、ソフトウェアのインストールはそれぞれ行わなければなりませんし、バージョンアップなどの作業もその数が増えれば膨大になってきます。vdiにすることでこれらの手間が省けますし、またサーバーで集中管理することで定期的なバックアップを自動で行うことができるのでデータを失うといったリスクを最小にすることができます。一方でデメリットとしてはネットワークが使えなくなった場合にはその環境を呼び出すことができませんし、また通信速度が遅い場合やサーバーの処理能力が足りていない場合には、レスポンスが遅くなり仕事の能率が低下するといったことがあります。